シナジーストーンのレッスンや、認定講座を開いています。

シナジーストーンマッサージと手技のみのマッサージの違い

  • HOME »
  • シナジーストーンマッサージと手技のみのマッサージの違い

セレーヌ式シナジーストーンマッサージは、温めた鉱石の遠赤外線を人体のミネラルに反応させながらマッサージを行うことで、究極の癒しとなるリラクゼーション効果を期待しています。

特に、ホットストーンのマッサージ中は副交感神経が優位になることで脳が休まり、α波やシーター波が出やすい状態が作られます。それが同時に緊張して硬くなってしまっていた筋肉や気を緩めることに繋がるのです。

1.究極のリラクゼーションタイム
施術中は瞑想状態を作るような呼吸法も併せて、普段働き続けている脳を、ゆっくり休めていきますので、至福の休息タイムとなります。トリートメント後はゆっくりと温泉に入った後の、体の芯まで温まった感覚になります。

2.身体と心のエネルギー調整
大地のエネルギーを持つストーンのヒーリング効果で、心身のエネルギーバランスを整え、マイナスのエネルギーをストーンが取り除き、プラスのエネルギーを作り出す効果を期待できます。

3.施術後にも後を引く心地よさ
遠赤外線効果を利用した温熱療法ですので、ストーンを離した後でも温かさが体に残ります。その意味では手だけで行うマッサージとは全く異なり、後を引く気持ちよさと言う点ではホットストーンマッサージ特有の利点といえます。
深いレベルで身体と精神をリラックスさせる、まさに現代社会に必要なストレスケアも含めた、ホリスティックなセラピーです。

シナジーストンマッサージ例

最近の投稿

Instagram
PAGETOP
  • お問い合わせ

    メディア掲載の取材・ご依頼・その他お問い合わせは下記までご連絡ください

    お問い合わせフォーム
  • Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.