日本シナジーストーンセラピースクール【JSSTS】シナジーストーンセラピーのレッスンや、認定講座を開いています。

ホットストーンマッサージセラピーの利点とは?

  • HOME »
  • ホットストーンマッサージセラピーの利点とは?

レビュー2017年5月29日ニコール・ガラン medical news today より

  1. ホットストーンマッサージとは何ですか?
  2. 5つの利点
  3. マッサージを最大限に活用する
  4. 施術を避けるべき人、禁忌事項

 

ストレスや緊張の後にリラックスする方法として、ホットストーンマッサージセラピーがあります。

 

マッサージセラピストは骨格筋をリラックスさせるためにさまざまなテクニックを使用します。老廃物やリンパを長いストロークで流したり円を描く動き、置石で温熱療法、2つのストーンを使用して挟みこんで圧をかけるなど、セラピストが色々なマッサージ手法を使います。

ホットストーンマッサージ療法とは何ですか?

 

ホットストーンマッサージの際には、基本的に経絡に沿ったマッサージのテクニックが使われます。更に、セラピストは体の特定の部分に温かい石を置く事もあります。

ストーンはオールハンドメイドで、石の表面は滑らかに研磨されています。

肌に優しく、人体整体工学に基づいた製作手法で5つの形状をしたタイプからできています。これらの特定の石は熱を保持するのに十分な大きさで、セラピストによって選択されます。

ストーンの温め

ホットストーンマッサージに使用される石をセラピー前に温めるために、電子レンジまたは熱湯を用意します。

それらは以下のような体の特定の部位に配置されることがあります:

  • 背中、胃、顔、手、足

ホットストーンマッサージは施術者に優しいセラピーです。

 

マッサージセラピーには、施術者が石を手にしてマッサージするものがあります。ストーンを使用する事により、セラピストは、手技の半分以下の労力で、身体の負担なく、あまり圧をかけずに筋肉をほぐし深層部にアプローチするマッサージが可能になり、クライアントはさらにリラックスできるようになります。

場合によっては、コールドストーンのまま、ホットストーンの鎮静に使用できます。冷たいストーンも腫れた血管を鎮静させ、熱い肌を和らげるのに役立ちます。

このタイプのホットストーン治療は、2000年前に中国で始まったと考えられています。それ以来、治癒のために石を使用する技術は、アメリカ、アフリカ、エジプト、インドなど多くの異なる文化で使用されてきました。

5つの利点

深いリラクゼーションに加えて、ホットストーンマッサージを施すことには多くの利点があります。

1.痛みの軽減

ホットストーンマッサージは、線維筋痛症および他の自己免疫疾患のような様々な状態の人々の症状緩和に役立ちます。

線維筋痛症や慢性関節リウマチを含むいくつかの医療研究で、温かいマッサージは痛みを軽減し、運動可動域を改善すると言われています。

 

 

2.ストレスリリーフ

マッサージはストレスをリリーフする効果的な方法です。研究では、マッサージがストレスと不安を軽減し、心臓血管の健康を改善することを数値で示しています。

3.関節の柔軟性の向上

筋肉の緊張は、関節を動かすことを困難にし、より痛みを辛くする可能性があります。マッサージは筋肉をリラックスさせるのに役立ちます。これにより、パーフォーマンスが上げやすくなります。

特定の関節障害を持つ人々は、特にホットストーンマッサージから恩恵があります。

4.筋痙攣および緊張低下

緊張して痙攣している筋肉は、多くの痛みを引き起こし、日常生活に支障をきたすことがあります。骨格筋の炎症および緊張を軽減することは、筋肉痙攣および疼痛の両方を緩和します。

マッサージと温めた石を使用することで、体の筋肉や関節の弛緩を促進し、痛みやけいれんを和らげることができるのです。

5.より良い睡眠

現代社会において睡眠障害が顕著だといわれています。

ストレス、不眠症、忙しいスケジュールなどの要因により、現代人の睡眠時間は毎晩7時間の推奨睡眠よりもずっと少なくなっています。

マッサージの有効性に関する文献のレビューは、高齢者を含め、誰にでもリラクゼーションと睡眠を促進するのに役立つことを示しています。

マッサージを最大限に活用する

ホットストーンマッサージは安全で効果的で、リラクゼーションに効果的ですが、よりよい経験にするためには使用上の注意をよく理解した上で、利点を最大限活用してお楽しみください。

マッサージセラピストとして

  • セラピストはお客様が率直に話すことがとても重要です。
  • 圧力で力が強すぎるか柔らかすぎるか、またはストーンが熱すぎないかどうかを常に顧客に問いかける必要があります。
  • 疑わしい場合は、マッサージ、特にホットストーンマッサージを妨げる可能性のある病状については医師にご相談してください。

 

マッサージセラピストは、クライアントがマッサージの実施方法に影響を与える可能性のある健康状態を認識している必要があります。

施術を避ける人、禁忌事項

 

ホットマッサージは、誰にとっても適切というわけではありません。

ホットストーンマッサージはどんな人でもにとっても利点だけというわけではありません。

ホットストーンのマッサージを避けなければいけない症状がある場合です

肌の怪我や切り傷がある方

怪我が治癒するまで、皮膚に怪我や切れ目がある人は、ホットストーンマッサージを避けて下さい。

直近のまたは重度の挫傷、切傷または擦り傷、日焼けや静脈瘤は、組織損傷または損傷のリスクを増加させたり、感染などの可能性もあるためです。

感染症または病気

これは常識ですがが、発熱、悪寒インフルエンザの人は、気分が良くなるまでマッサージを避けましょう。

発熱のある人は病原菌を広げてはいけませんし、体温を調節するのも難しいでしょう。

心臓病・糖尿病・薬やアルコールの影響を受けている

注意事項に当てはまる場合は温かいマッサージは避けて下さい。

シナジーストンマッサージ例

最近の投稿

Instagram
PAGETOP
  • お問い合わせ

    メディア掲載の取材・ご依頼・その他お問い合わせは下記までご連絡ください

    お問い合わせフォーム